2016年4月29日 (金)

我が家のピアノ3

いわき市での3年半 娘のピアノ教室通いは 友達も出来て楽しく続きました。若い女の先生はパーテーを開いてくれたこともありました。

4年生の時 父親の転勤で須賀川に引っ越し。この時のピアノの運搬は 専門業者でしたから 今までのような大騒ぎをせずに済みました。

 先生探しに苦労しました。評判の先生宅にお願いに伺うと 最初断られた。私の落胆した表情からか 先生のお母様が気の毒に思われたのか 「みてあげたら?」と 助言されて承諾してもらった経緯があり 引っ越しの度に 先生を探す苦労は 苦手でした。

お稽古の帰りが遅く暗くなると お兄ちゃんを向かいにやったりして
3年半通い また引っ越しは福島へです。

2016年4月 7日 (木)

我が家のピアノ2

ピアノは小学生になった娘のために わが家にやってきました。福島市から郡山に引っ越ししたばかりでしたので 先生を探すことから苦労をしました。楽器店の紹介で 先生を決めたのですが 「将来音楽の道をめざしますか?」と 心構えを聞かれたことは 忘れられない。

ただ 毎日の練習は母子共に 大変だったように思いました。決して一流を目指すことではないが 途中で投げ出さない 芯の強さ等 養われればと願いつつも 決して音楽が嫌いにならないように 母としても試練でした。

2016年4月 5日 (火)

我が家のピアノ1

このピアノが我が家に運ばれてから約40年の月日が流れた。

毎日弾かれていたのは10年だったが その間に必ず話題になることがある。我が家は引越しが多いのだ。最初は郡山市から いわき市へ。郡山の住まいは平屋だが いわきの社宅は5階建て。エレベーターは無いので 5階まで人力で階段を持ち上げました。当時のピアノの梱包は木枠を作り 大事に運ばれたのですが その重量は半端じゃない。お手伝いの方の力も借りて男性たちが頑張ってくださいました。

私は 夫に引っ越しの度に小言を頂戴しました。娘のために買ったピアノなのに。

2015年7月18日 (土)

福島の桃 美味しいよー

7月17日(金)
今年は雨が少なく 甘味抜群。これは品種が「暁星」
20150717_155026_01_2

2015年7月11日 (土)

79歳と81歳 白神岳に登る

 

71日(水) 標高1235mではあるものの  登山口からの標高差ほぼ1000mあり コースタイムは7時間。79歳のわが身にとって心配でした。 一昨年に登頂した根子岳と四阿山と比較検討した結果 等高線の幅が少々広かったので 体調を整えての挑戦です。登山口を6時出発。路は歩きやすく快調です。ヒバの若木が多く 高度を上げると 深い山奥を実感させられます。尾根近くになって 広い斜面に花が咲き乱れていました。日本海沿岸が手に取るように見えます。山頂にはトイレ 避難小屋があり 風を避けて 早い昼食休憩。下る頃広大な白神山地の山並みとともに 奥に昨日の岩木山も見ることが出来ました。往路を引き返し 15:30時無事下山。 のんびり歩きで 疲れもなくご機嫌な山行でした。宿は「ウエスパ椿山」に連泊。変わったレジャー施設です。

 

岩木山

 

630日(火) 心配していた天気でしたが 山頂に立つことができました。 強風で 早々に山頂を後に鳳鳴ヒュッテに下りました。 種蒔苗代に寄り道をしてミチノクコザクラに会う事が出来ました。この辺りは ミヤマキンバイ ハクサンチドリ チングルマ シラネニンジン 等の高山植物が見られる人気のスポットです。今回はミヤマキンバイもありました。 私達14人は最高年齢81歳 平均年齢73.5歳のグループで 翌日は白神岳に挑戦です。 従って 8合目からの登りでした。 「枯れ木に花咲く山の会」のリーダーは22年前に40歳代で結成した登山クラブです。 当時は枯れ木ではありませんでしたが 会員の高齢化に伴い ウオーキングとカルチャー旅に移りつつあります。 しかし私達以外にも 登山にこだわりたい希望者が少なからず。「枯れ木ー」を 自覚しながらの のんびり旅を楽しみながらの行事です。

 

 

 

音楽と私

楽器の楽しみ

6月23日(火)= バイエルの練習をしてるのに 母に連れられてお琴の先生の家に行った。 たまたま 我が家には戴いた古いお琴があったからかもしれない。 視力の弱い女の先生だ。簡単な曲から先生と一緒に弾いて教わる。楽譜は漢陽数字で書いてあった。 先生のお宅まで歩いて30分 真面目に通ったが 弾きながら唄うように言われても 声に出して唄えなかった。 現代音楽と違い 手の動きと言葉が違うので 唄いにくいし恥ずかしかった。 毎年弾き初め会があり 華やかに和服を着て 舞台にお琴を並べ 母たちの前で披露した。 先生の希望で ピアノとお琴の合奏をしたこともった。 その後 余りお琴を弾く時間が無くなったが 結婚後 再びお稽古に通う時間が出来て 大分熱心に練習をした。 遂に 名取の資格を取ることが出来た。 こうして私の心は 音楽に満たされるようになったのかもしれない

2015061821:07

カテゴリ

瀬戸家農園

6月18日(木) 我が家の農園とは せまーい花壇の一角である。 5月 野菜の苗を求めて植えてから 水を切らさずに成長を楽しみにしていた夫。 苗はきゅうり2本 ゴーヤ3本 ササギ トマト 茄子それぞれ2本づつ。 忽ち育ち 花も付いた。キュウリは一番の元気もの 枝もいくつも伸ばして バサバサになってきた。 トマトも茎が細くしっかりとしていない。 「ちょっと 変じゃないの? 」と 初めて気が付き 栽培技術を調べることになった。 肥料を入れた土で 水を供給していれば 実はなるものと信じていたのでした。 農家で育ったのに? と大笑い。餅は餅屋とはよく言ったものです。 現在 キュウリ一本 茄子一つづつ トマトは小玉が一列まだ青いが 食べるのを楽しみにしている。

 

フォト
無料ブログはココログ